ホーム > 農学部創立60周年記念行事
研究科長からのメッセージ
神戸大学農学部教育研究振興基金
農学部パンフレット
夢ナビWebセレクション
  • 神戸大学大学院農学研究科附属食資源教育研究センター
  • 神戸大学大学院農学研究科地域連携センター
  • 食の安全・安心科学センター

農学部創立60周年記念行事

農学部創立60周年記念行事が開催されました

 神戸大学農学部は、昭和24年に篠山で産声を上げて以来、今年で創立60周年を迎えました。この機会に、現教職員を含む大学関係者および同窓生が一堂に会し、これまでの足跡を振り返るとともに、「食料・環境・健康生命に寄与する農学は今後どうあるべきか」、「危機に直面している日本の農業や農村をどのように再生して行くのか」、さらに「これからの厳しい時代に向かって、人生をどう考え・生き抜いて行くのか」を大いに語り、相互に連携し懇親を深めるべく、平成21年10月31日、「神戸大学農学部創立60周年記念行事-記念式典・講演会・祝賀会-」が開催されました。本行事は、本年の第4回神戸大学ホームカミングデイの午後に農学部企画の開催と重ねて企画されました。

ご父兄向けの新装学舎見学会の模様

 まず、創立60周年記念式典に先立ち、ご父兄向けの新装学舎見学会が11時30分から約1時間開催されました。18名の参加者は、新装なった学生ホール、Eラーニング室、会議室、講義室、研究室、学生実験室、温室、ファイトトロンなどを見学しました。

 創立60周年記念行事として、記念式典、講演会、祝賀会が開催されました。参加者は、総数で、288名(卒業生130名、旧教職員23名、六篠会関係者8名、実行委員会委員他40名、来賓等28名、学舎見学会参加者18名、講演者2名、現教員39名)となりました。13時30分から、山田紅美氏の司会のもとに記念式典が始まりました。内田一徳農学研究科長・農学部長式辞のあと、神戸大学長挨拶(中村千春副学長・理事代読)、兵庫県知事祝辞(伍々博一兵庫県農政環境部長代読)、神戸市長祝辞(吉武準一神戸市産業振興局長代読)、北浦義久六篠会会長挨拶がありました。内田研究科長は食料の安定供給、環境の保全、新規バイオ産業の創成および食の安全安心に向けた科学技術の開発などこれからの農学が社会に果たすべき役割について述べられ、学長は農学部と農学研究科が果たすべき役割として「持続可能なグリーンで安全・安心な地球環境を構築」を熱く語られ、兵庫県知事は環境創造型農業について産官学の一層の協力が望まれることを強調され、神戸市長は神戸の産業振興に対するなお一層の協力について強い期待を述べられました。式典の最後に、六篠会会長は、同窓会として今後も神戸大学農学部の発展を強くバックアップしていくこと、顕著な研究業績をあげた教員や学生に対して表彰する「六篠賞」制度を立ち上げることを表明されました。

福岡伸一氏講演 玉岡かおる氏講演

 式典に引き続いて、お二人の記念講演、青山学院大学教授福岡伸一氏「生命を解くキーワード、それは“動的平衡”」、作家玉岡かおる氏「みどりの民の挑戦の跡、国を支えた農の魂」がありました。福岡伸一氏は、分断された不思議な二つの絵画の話、オランダのデルフト生まれ、光の画家ヨハネス・フェルメールと、同郷で同年生まれのアマチュア生物学者レーウェンフックの関係についての仮説から始まり、ルドルフ・シェーンハイマーの言葉「生命とは機械ではなく流れである」を引用しながら、生命の動的平衡について詳しく説明をされました。「環境・自然・生命」は「動的平衡」から成り立っており、その理解のためには「時間の関数として捉えること、部分的な思考に陥らないこと、流れをとめないこと」が重要であることを指摘されました。玉岡かおる氏は、江戸時代幕末の歴史において人の考え方の中に「農」の重要性を認識する人があったこと、日本における「もったいない」思想を再認識すべきこと、明治時代の内務省お雇い技師オランダ人デレーケの話、台湾における大貯水池・烏山頭ダムの完成に至るまでの工事を指揮した八田與一と銅像の話、ループ線やスイッチバック方式の阿里山森林鉄路の話など、多岐にわたる「農」にまつわる興味ある話題提供から、最後に、地域の人々によって造られたいなみ野の「ため池」の意義と保全・活用の重要性について語られました。

 祝賀会が、17時30分から、山田紅美氏の司会のもと、神戸大学生協LANSBOX 1階食堂でもたれました。グリークラブによる神戸大学歌合唱に始まり、北浦義久六篠会会長挨拶、福田秀樹神戸大学長挨拶、鏡開き、新野幸次郎元神戸大学長の挨拶と乾杯のあと、祝宴に入りました。途中、祝電披露、グリークラブの思い出の歌他の合唱、丹下宗俊名誉教授、加藤征一郎元学部長および卒業生のテーブル・スピーチ、デカンショ保存会による唄と踊りなどの催しがありました。グリークラブのハミングをバックコーラスに中村直彦六篠会代表理事の閉会の辞をもって、19時30分お開きとなりました。

鏡開き グリークラブによる「思いでの歌」合唱

 神戸大学農学部創立60周年を記念して、記念誌・写真集がまとめられました。記念誌では農学部に関する変遷がつぶさにまとめあげられており、写真集のページをめくるだけでも大変楽しい冊子になっています。

 来年度、第5回神戸大学ホームカミングデイは平成22年10月30日(土)の開催が予定されています。ご予定をお空け頂き、万障お繰り合わせのうえ、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

主要な関連情報については下記のURLをご参照下さい。

当日の様子は こちら

神戸大学農学部創立60周年記念事業 -記念式典・講演会・祝賀会のご案内-:こちら

神戸大学農学部創立60周年記念行事プログラムこちら

福岡伸介氏プロフィール(PDF)

玉岡かおる氏プロフィール(PDF)

第4回 神戸大学ホームカミングデイ(平成21年度)農学部企画のご案内

第4回 神戸大学ホームカミングデイ(平成21年度)農学部企画報告

神戸大学ホームカミングデイ・ホームページ:http://www.kobe-u.ac.jp/hcd/

六篠会ホームページ:http://home.kobe-u.com/rikusou/

TOP