生き物の不思議を探り、植物生産の環境を守る
更新情報
12.09.21
サイエンスキャンプ
2012を当コースで
開催しました。
11.09.12
サイエンスキャンプ
2011を当コースで
開催しました。
10.07.20
先輩たちの声
ページを追加しました。
10.07.01
環境生物学コースの
ホームページを
アップしました。
環境生物学コースって何をしているの?

 環境生物学コースは下の図にあるように、植物を取り囲む様々な要因(土、養分、環境汚染物質、病気や昆虫等)やそれに応答する植物の仕組み(細胞構造、シグナル、遺伝子等)を包括的に学ぶためのコースです。このことで植物と私たちを取り巻く生態系全体を健全・健康に保つことを目指します。研究分野間の交流は盛んで、マクロな生態学からバイオテクノロジー等の最先端の分子生物学まで、多くの手法・知識を学べます。

           
  環境物質科学 昆虫機能学 細胞機能制御学 細胞機能構造学  
  植物病理学       植物遺伝学  
  植物栄養学       土壌学  
           
先端研究の紹介
バイテクで環境汚染を検出

 バイオテクノロジーを使って、動物と植物の利点を融合させ、環境、さらに人の健康をまもるための技術を開発しています

詳しくはこちら

 農薬をなるべく使わない環境保全型農業の強い味方である寄生蜂の行動や遺伝的性質を研究しています

詳しくはこちら

害虫の天敵・寄生蜂の謎にせまる
ストレスに負けない植物を作る

 植物が環境の変化にどのように対処しているのか、遺伝子の動きを探ることで、寒さやストレスに強い植物育成を目指します

詳しくはこちら

ページのトップへ