研究・教授紹介

昆虫機能学が
昆虫分子機能科学と昆虫多様性生態学になりました

人と昆虫の共生をプロデュースする

 脊椎動物とは違う道のりで進化した昆虫は、特異な生理・生態的特性を発達させ、あらゆる生物と複雑な共生関係を発展させてきた。当研究室では、地球というバイオスフェアのなかに昆虫を位置づけ、その未開発の機能の探索や利用、環境に配慮した害虫制御、昆虫多様性の保全を目指して研究をすすめている。また生命系のモデルとして昆虫をとらえ、さまざまな秘密を解明することで人間と地球の将来に対する見通しを探ろうとしている。
 実験室では、カイコやコオロギ、ゴキブリ、ホタル、寄生バチ、ゴミムシなど、さまざまな昆虫を飼育して体内時計や行動、生殖の仕組みを分子レベルで解明している。また、希少昆虫や天敵昆虫の生態を野外で調査する研究も行っている。さらに、NPO[こどもとむしの会]を支えるなど、社会と昆虫をとり結ぶ活動にも取り組んでいる。

教員研究テーマ

昆虫分子機能科学教育研究分野 教授 竹田真木生

  • 昆虫の生理機能(摂食、睡眠、神経伝達、変態、細胞増殖・死)の解明とその撹乱

昆虫多様性生態学教育研究分野 教授 前藤 薫

  • 昆虫の多様性と生態機能(捕食、寄生、送粉)の解明および利用

昆虫分子機能科学教育研究分野 准教授 坂本克彦

  • 体内時計と休眠の分子機構の解明

昆虫多様性生態学教育研究分野 准教授 杉浦 真治

もっと詳しく知りたい方へ
研究室のHPはこちらから
ページのトップへ