研究・教授紹介

環境物質科学

細胞機能制御学ってなんだろう?

 私たちを取り巻く環境には、多様な生物が生活しています。特に私たち人間は、高度に発達した各種の器官を有機的に連携させることにより、様々な生命活動を営んでいます。私たち神戸大学環境物質科学研究室では、その様な生物の持つ高度な機能的役割の中で、特にヒト薬物代謝能力と植物による薬物吸収に着目した研究を進めています。現在、3名の教員らにより、これらを分子レベルで解析すると共に、ナノセンサーによる超高感度なヒト安全性評価や植物を用いた環境浄化などへの応用といった発展的な研究を精力的に展開しています。

教員研究テーマ

教授 今石浩正

  • 環境中の化学物質や食品のヒトへの安全性評価研究
  •  私たちを取り巻く化学物質は、いったい何種類あるのでしょうか?いつか数えてみたいですが、恐らく気の遠くなるような数でしょうね。最近、新聞やマスコミを賑わす話題として食品中の残留農薬や、薬の副作用による薬害などをよくご存じだと思いますが、これらに共通な点は、本来ヒトが持っていない異物をヒトが取り込んでしまった事による様々な障害だということです。そこで私たちは、遺伝子操作やタンパク質工学、ナノバイオテクノロジー、細胞工学の技術を駆使することにより、ヒトの薬物代謝系を模倣した安全性評価のためのシステム作りを進めています。将来、私たちの研究が更に進展することにより、環境中の化学物質や、食品、医薬のヒトへの安全性評価が飛躍的に進むことも期待されています。

准教授 森垣憲一

  • 生体膜を模倣した「人工生体膜チップ」作製技術の研究
  •  細胞には生体膜と呼ばれる、脂質とタンパク質からなる膜が多数存在しています。細胞を外界と隔てている細胞膜も生体膜の一種です。生体膜は、情報伝達、物質輸送、細胞間認識など、細胞が生きて行く上で必要不可欠な生命プロセスを行っています。そのため、生体膜の構造と機能を分子レベルで理解・制御することが、医薬や環境計測など幅広い分野で重要です。私たちは、生体膜を単純化して模倣した人工生体膜を固体表面に作って、その機能を再現・評価する研究を行っています。このような「人工生体膜チップ」を用いて、生体膜の行っている機能(例えば、外界から人の体内に取り込まれた薬物の代謝、解毒)を詳細に研究するための新しいツールを作ることが私たちの目標です。

准教授 乾 秀之

  • 植物を使った環境汚染物質のモニタリングと浄化
  •  環境を汚染する化学物質(ダイオキシン、環境ホルモンなど)の汚染レベルは低濃度ですが、これらは一般的に油に溶けやすく(脂肪にたまりやすい)、微生物によって分解されにくい(環境中に残る)性質を持つことから食物連鎖を通して我々ヒトに高濃度に蓄積し、悪影響を及ぼす可能性があります。従って、それらがどこをどれぐらい汚染しているかを知り(モニタリング)、汚染している場合きれいにする(浄化)することは環境を守るだけでなく我々の食の安全・安心をまもるためには重要です。私たちは、植物が根を通して化学物質(養分)を吸収することに着目し、汚染物質を植物に吸収させることによってモニタリングしたり、浄化する技術の開発を試みています。そのために、ダイオキシンや環境ホルモンにくっつくタンパク質(受容体)や汚染物質を分解する酵素をこの植物が作るような「しかけ」を研究しています。

もっと詳しく知りたい方へ
研究室のHPはこちらから
ページのトップへ