先生の紹介

サステイナビリティは地球を守る合言葉

プロフィール
専門分野

地盤工学,コンクリート工学

経歴

大阪市内で生まれ育ち,市内の中高一貫の女子校へ進学.理科が大好きで,白衣にあこがれ,農学部を目指す…が,ふと気付くと,作業着の農業土木の道へ.9年間,神戸大学で学び,学位取得。その後,3年間の高専勤務を経て,2018年から現職。

ホームページ

施設環境学研究室
http://www.research.kobe-u.ac.jp/ans-hysteng/

生産環境工学コース 施設環境学教育研究分野
鈴木 麻里子 特命助教

 農業分野と環境には強い結びつきがあり,生産性を高めるために技術革新が行なわれる一方で,環境に負荷を与えていました.1980年代後半から環境問題に対する意識が高まり,近年,農業分野でも‘持続可能性’という考えに注目が集まっています。 これまで,環境に配慮した様々な土木材料(土,コンクリートなど)の力学特性に関する研究に取り組み,循環型地域環境の創成に向けた環境に優しい土木材料の研究開発を試みています。

池底汚泥を用いた老朽化ため池の改修技術に
関する研究 (老朽化ため池の視察写真)

廃石ズリを用いたコンクリートの
フレッシュ性状試験

生分解性樹脂コンクリートの経時変化

受験生へのメッセージ

 世の中は,分からないことや知らないことで溢れています.研究を通して,たくさんのことを学び,吸収し,一緒に知的好奇心を刺激しませんか?好奇心は,人生を豊かにします!

一覧に戻る
ページのトップへ