先生の紹介

農林地域が国土の水環境に果たす役割を調べませんか?

プロフィール
専門分野

水質水文学

授業科目

農村環境論,潅漑排水工学,測量学及び実習II

経歴

岐阜県関市出身,京都大学で農業工学を学び,現在人類の生存と水環境の調和を求めて奮戦中。

ホームページ

水環境学研究室
http://www.research.kobe-u.ac.jp/ans-water/

生産環境工学コース 水環境学教育研究分野
多田 明夫 准教授

 流量や水位などの水の量に,水質も加味した「水環境」を広く考えるとき,農地や森林の果たす役割は大きなものがあります。森林は清浄な水の供給限であり,農地は肥料や土壌の流亡による汚濁を引き起こしたり,逆に水中に出て行く過大な栄養分を吸収したりします。こういった影響を,正しく調査・評価することが大切ですが,いろいろと難しい仕事です。皆さん,一緒に取り組みませんか?

山林渓流での流量と水質の連続観測施設

洪水時は渓流も増水し,水質が大きく変わる。

このため,洪水時の調査は大変ですが,
とても大切です。

連続して水質をはかるためには,
このような現地での自動測定装置が必要です。

受験生へのメッセージ

 人生において何をしたいのかを決めるのは容易なことではありませんが,食料の安定確保や環境の保全に賭けるのは悪くないと思います。それを学問的に探求するのはなおさらです。

一覧に戻る
ページのトップへ