農学研究科案内
ホーム > 農学研究科案内 > 生命機能科学専攻 > 応用生命化学 天然有機分子化学

応用生命化学 天然有機分子化学

久世 雅樹 准教授 

 人類の歴史の中で、多数の有用な化合物が発見され、あるいは発明されて、我々の生活を豊かにするのに利用されてきました。しかし、いかに有用な化合物であっても、それを大量に入手することができない限り、多くの人がその恩恵を受けることはできません。我々は、種々の有機化合物の供給手段としての有機合成化学ならびに、それと関連する研究を行っています。

 化学的な合成というと、環境に対する負荷が大きいように感じる人も多いかと思います。しかしながら、純粋な化学物質の汎用的な製造法としての有機合成化学の有用性に疑問の余地はありません。近年では、有害物の排出を抑え、環境への負荷が小さくなるような方法も続々と開発されてきており、我々も効率的で環境への負荷の小さい有機合成反応の開発を目指した研究も行っています。優れた化学合成法は、生物に勝るものになると我々は考えています。

 研究の過程で合成した多数の新規化合物の生物活性の評価も行っており、農薬として興味深い活性を示す化合物もいくつか発見されています。


核磁気共鳴装置(NMR)とスペクトルの例
このスペクトルから化合物の構造を知ることができる

天然有機分子化学研究室のホームページへ

TOP