農学研究科案内
ホーム > 農学研究科案内 > 食料共生システム学専攻 > 生産環境工学 生物生産機械工学

生産環境工学 生物生産機械工学

庄司 浩一 准教授 
窪田 陽介 特命助教 


(上)水田の環境測定と
生育調査
(下)開発した疎植田植機

生物生産機械工学研究室は、主として水田や畑といった屋外のフィールドにおける作物生産を支えるための技術開発と教育に取り組んでいます。「はかる」「つくる」をキーワードに、従来の農業機械を発展させて各種情報の測定機能と知能や制御機能を持たせることや、作物や雑草そのものの特性を追求することで新たな生産様式を開発するなど、工学と農学のすきまを新たなフロンティアとして切り開いています。機械でも作物でも自分で作ることが好きな人、何でも測ってみないと気がすまない人、大歓迎です。

農業用自律走行車両の研究-各種センサーを用いて決められた作業経路を無人で走るほか、障害物の検出や迂回も行います。
必要なところに必要なだけの農薬散布をする(精密防除)装置の開発-作物の位置と大きさを自動判別し必要最小限の散布を行う、新しいタイプの環境保全技術です。
無線操縦ヘリコプターによる農薬散布の基礎研究-高速で円盤を回転させ、機械的に農薬を微粒化して散布するロータリー・アトマイザーの基礎研究です。
土壌成分の自動測定-土壌に電極を差し込んで、粘土・砂・有機質の比率や養分の含有量を車両の作業中に測定できるようにし、必要なところに必要なだけの肥料を散布できるようにします。。
水田や畑の気象条件と生育状況をモニターするフィールドサーバーの開発研究
稲を機械で収穫中に米の出来高(収量)の地図を作る研究-日本で初めて「収量マップ」を発表し、現在はセンサーの超小型化・高精度化・多機能化を図り、実用化に向けて研究中です。
タマネギの個別重量センサーの開発-タマネギの拾い上げ作業を行うときに、どこにどの大きさのタマネギが分布しているかを測定し、収益性の向上につなげます。
水田での機械除草の研究-「コウノトリ育む農法」をはじめとする環境保全技術や減農薬・無農薬米の付加価値向上のために、新たな除草機構の開発や性能評価を行うプロジェクトに参画しています。
水田内での米のおいしい・まずいのばらつき-水田の凸凹からヒントを得て測定をはじめ、現在は稲架がけ(はさがけ、自然乾燥)の食味アップ効果と関連付けて検証しています。

作物を検出して必要なところだけに農薬散布するロボット ラジコンヘリによる作業-農薬が確実に付着し遠くへ拡散しない方法を研究しています
コンバインのタンク内で投げ出される衝撃から穀粒の重量を推定するセンサ タマネギ拾い上げ機に個別の重量を測るセンサをつけて実験中
除草剤を使わない稲作で必須の除草機(市販)-改良を行っています 除草機の効果と水田内の高低の関係を調べています

生物生産機械工学のホームページへ

TOP