食料環境経済学 国際食料情報学

 当研究分野では,子どもや高齢者の食行動・食意識,貧困世帯や社会的弱者のフードセキュリティ,貧困と格差,農村開発などに関する国内外の社会調査データを用いた実証的研究,および社会調査や統計データなどの統計処理法に関する教育研究を行っています。現在は主に次のようなテーマの研究を行っています。

1)食料消費・摂取統計や地域別統計を対象として,食料・農業の政策立案・評価の基礎資料となる統計情報の真実性確保や国際比較の可能性についての研究を行っています。(金子)

2)日本及びイギリスの農業・食料などの統計情報の収集過程対象として,統計情報の作成過程と,その背景としての国家・社会・政治状況との歴史的文脈について研究を進めています。(金子)

3)ミクロデータおよび電子磁気媒体によって提供される大量の統計情報を利用して社会構造を明らかにしようと試みており,具体的には地域別健康状態を示す死亡統計や農村環境について分析を進めています。(金子)

4)世界銀行や独自に実施した調査の個票データを用いて,途上国の貧困問題に関する研究を行っています。とくに最近では,貧困世帯や社会的弱者のフードセキュリティに影響を及ぼす要因,農外就業機会の拡大や出稼ぎが貧困と所得格差に及ぼす影響などについて分析を進めています。(石田)

5)国内の低所得世帯を対象として,親と子どもの食意識・食行動・食事満足度に関する分析を進めています。(石田)

 詳細はこちらの食料環境経済学講座ホームページを参照してください。