教育関連ニュース

ひらめき☆ときめきサイエンス「昆虫の脳の解明」

 大学の最先端の研究に触れることで、子どもたちに科学がもつ意味を理解してもらう「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI」事業 (独立行政法人日本学術振興会)。今年の神戸大学の企画は、中学生を対象としたプログラム「昆虫の脳の解明─小さな脳にある不思議な力─」です。
昆虫は、卵、幼虫、さなぎから成虫へと劇的に変化します。また、秋や冬になり日が短くなり温度が低くなると、眠ります。それらの現象は、昆虫の小さな脳によって行われます。
このプログラムでは、昆虫の最新の研究成果に基づく講義と顕微鏡による蚕の微小器官の観察と簡単な最新の遺伝子工学的、生化学的実験を行います。
参加費無料、定員20人 (先着順) です。

このウィンドウを閉じる