在学生の方へ
ホーム > 在学生の方へ > 休学・復学・退学の手続きについて > 休学について

休学について

前期休学の場合、少なくとも1ヶ月前(2月末日)までに
後期休学の場合、少なくとも1ヶ月前(8月末日)までに休学願を教務学生係に提出してください。

※注意事項

  • 在学期間中の授業料が未納の場合は願を受理しませんので、納付を済ませたうえで手続きしてください。
  • 休学期間中の授業料は免除します。ただし、願の提出は学期が始まると(4月1日、10月1日以降)授業料納付義務が発生しますので、くれぐれも注意してください。
  • 休学を申請できる期間は1年以内です。特別の理由がある場合は、さらに1年以内の延長申請ができます。(通算では、博士課程前期課程は2年、学部一般選抜入学者、学部3年次編入学者及び博士課程後期課程は3年が限度です。)
  • 休学期間は、在学年数に算入しません。また休学期間中に単位の修得はできません。
  • 学期の途中から休学しようとするときは事前に教務学生係に相談してください。5月1日付け及び11月1日付け休学の場合(授業料の納付期限(4月末日及び10月末日)までの申請)は4月及び10月について1ヶ月分の授業料の納付が必要になります。休学の申請が5月1日以降、11月1日以降になると半期分の授業料の納付が必要になります。履修上、また授業料納付の関係から学期単位での休学をおすすめします。
  • 休学願の理由欄は、「一身上の都合」と記入せず、具体的に記入してください。休学理由が病気の場合は、医師の診断書(各医療機関の様式)の添付が必要です。また、休学して留学する場合は、休学願とあわせて、「海外渡航届」も提出してください。(参考:「海外渡航・滞在時の安全管理」)
  • 「学生の身分異動等チェックシート」に該当する場合は、同時に学生センター(国際文化学部キャンパス)にて、異動手続きをしてください。
    (日本学生支援機構奨学金の異動手続きには、印鑑が必要です。)
  • 休学許可期間の途中で復学する場合又は退学する場合は、直ちにそれぞれの願を提出してください。

様式

休学願(農学部学生用)、休学願(農学部学生用
休学願(農学研究科学生用)、休学願(農学研究科学生用

学生の身分異動等チェックシート」も提出してください。

(休学理由が病気の場合は、医師の診断書(各医療機関の様式)の添付が必要です。)
(休学して留学する場合は、「海外渡航届」(WORD)(PDF)も提出してください。)
(参考:「海外渡航滞在時の安全管理」(WORD)(PDF))


TOP