農学研究科案内
ホーム > 農学研究科案内 > 食料共生システム学専攻 > 食料環境経済学 農業農村経営学

食料環境経済学 農業農村経営学

中塚 雅也 准教授 


棚田保全に汗する学生

 近年、食料の自給と安全性に対し、消費者の関心が非常に高まっています。一方、食料の供給だけでなく、自然環境を守るなど多面的な働きをしている農村は、過疎などで崩壊しつつあります。このような今日的課題に対応するため、安全な食料を持続的、かつ効率的に生産、供給していくためにはどうすればよいのか、またどうすれば農村地域を活性化できるのかなどを中心に教育と研究を行っています。

もう少し専門的に知りたい方へ

 当分野は、人々が一日も欠かせない食料を長期にわたって持続的に生産しうる多様な農業技術と農業経営のあり方、ならびに生産者と消費者の持続的な関係性について研究することを目的としている。そこで、現在は、主として有機農業および協同組合に関わる課題について重点的に研究を続けている。つまり有機農業の技術体系化の可能性とその成立要因、産消提携活動の持続可能性と今後の課題、あるいは新JAS制度下の有機農産物の流通実態分析などについて研究するとともに、農業協同組合や生活協同組合の組織力強化や両者による提携活動の可能性、あるいは農業協同組合による営農活動の活性化方策などについても精力的に取り組んでいる。

農業農村経営学のホームページへ

TOP