農学部案内
ホーム > 農学部案内 > 資源生命科学科 > 応用動物学コース 動物遺伝育種学

応用動物学コース 動物遺伝育種学

万年 英之 教授 
笹崎 晋史 准教授 

左上:最高品質を生産する黒毛和牛種
右上:最高乳生産量を誇るホルスタイン種
左下:闘牛用に育種された角を有する品種
右下:熱帯に順化したインド系在来牛

 有史以来、家畜は食・衣・住の素材を提供し、人類の社会生活の形成の根幹を支え、家畜をめぐっての生活形態が民族固有の文化形成に深く関わってきました。しかしながら、近年のグローバル化は家畜の世界に大きな影響を与え、特定形質の生産効率の高い品種のみが飼育されるようになり、多数の品種が絶滅の危機にさらされている状況にあります。国連食糧農業機関(FAO)の報告では、現在登録されている約7,600種の家畜種のうち、過去15年間に190品種が絶滅し、さらに1,500品種が絶滅の危機に瀕しており、特に牛、ヤギ、豚、馬、家禽類など我々の生活に密接に関わってきた主要な家畜が過去5年間をとってみても60品種、月に1品種が消滅しつつあります。
動物遺伝育種学分野は、動物が有する有用な能力のさらなる開発を通じて、遺伝資源の活用を図るとともに、現存する在来家畜の進化的関連を明らかにすることにより有用な動物集団の遺伝的多様性の維持に関わる教育研究を展開しております。わたし達の研究室では、遺伝生化学と統計遺伝学の2つの研究領域が協働してこの目標の達成のため教員と学生が一体になって取り組んでおります。

 遺伝生化学領域では家畜・家禽における遺伝子の解析や分析を行っています。家畜と野生動物との違いは、家畜が人間に役立つ方向に改良されてきた点です。これら有用な特徴は遺伝子に支配されていますが、実際にどのような遺伝子が関わっているのかはほとんど判っていません。そこで、これら有用遺伝子を探し出し、その機能解明をすることが重要となります。また近年、「食の安全安心」に関して農産物の偽装表示が問題になっており、DNA技術を用いた問題解決にも取組んでいます。さらに、アジアにおける家畜の遺伝的評価と多様性解析を行い、DNA解析に基づいた遺伝資源研究も行っています。私たちはこれらの研究目標に対する分析を通して「生物」への理解が深まるような教育と研究を行っています。主としている具体的な研究課題は、「肉用牛の経済形質に関連する遺伝子の解析」、「DNAマーカーを用いた牛の品種鑑別」、「ニワトリ筋ジストロフィー原因遺伝子の探求」、「アジアにおけるウシヤギの遺伝的多様性解析と起源」についてです。

 
連鎖解析によるニワトリ筋ジストロフィー
原因遺伝子同定
ミトコンドリア DNA を用いた
家畜牛の系統進化解析  

 統計(量的)遺伝学領域は、動物の特定の性質の変異の原因を遺伝学的に解明し、優れた遺伝的素質を有する個体を選抜し、交配という手段を通じて、好ましい遺伝子を集団に集積することにより動物集団の能力を人類が希求する方向へ改良するためのプロセスを研究する分野です。人類は長い歴史の中で数々の試行錯誤を繰り返し、わたし達が日々恩恵を被っている様々な家畜を作出してきました。現在では、遺伝学の進歩やコンピュータとの情報技術の飛躍的な発達に支えられ、動物の改良方法も飛躍的な発展を遂げています。

私たちの研究領域では、様々な動物の有用な形質(卵やミルクの生産量のように連続的に変異する形質)、特に我が国唯一の在来実用家畜である黒毛和種の肉用牛としての遺伝的能力を正確に評価する方法を理論的に検討し、さらにどのように選抜し、交配すれば集団の特性が速やかに変えられるかを種々の統計的手法やコンピュータの中に動物の仮想集団を発生させるシミュレーションにより検証しつつ新たな育種改良戦略の構築に取り組んでいます。

しかしながら、動物集団が保有する遺伝的多様性を無視した育種改良は長期的に見れば品種の存続に関わる問題を引き起こすことになります。生物の遺伝的多様性の維持は人類の大きな責務であり、野生動物であれ家畜であれ、その存続や将来を見越して遺伝的資源としての評価をおこなうと同時に、遺伝的変異を維持し、品種の保全を図る必要があります。そのために集団遺伝学や保全遺伝学的研究を通じて、動物集団を維持する管理法の開発を手がけております。

選抜・交配支援コンピューターソフトの活用による黒毛和種集団の管理

もう少し専門的に知りたい方へ

 本研究分野では、家畜・家禽の育種改良を目的として、より高度な育種戦略を構築するために遺伝生化学領域と統計遺伝学領域の観点から教育研究を行っています。私たちの具体的な研究内容や成果については下記のホームページに掲載しておりますので、動物の遺伝育種に興味のある方はぜひ訪ねてみてください。

動物遺伝育種学のホームページへ

TOP