農学部案内
ホーム > 農学部案内 > 資源生命科学科 > 応用植物学コース 園芸生産開発学

応用植物学コース 園芸生産開発学

金地 通生 准教授 
宇野 雄一 准教授 

 園芸作物生産では、日常生活における健康的で豊かな生活環境を創造・維持する上で欠かせない多種多様な特性を有した園芸作物について、食用としての野菜および観賞用としての花卉を効率的に栽培する技術の開発を目指しています。特に多様性に富んだ野菜と花卉の生理生態的な特性を評価し、品種改良を試みると共に、生産栽培における野菜の生育・品質や花卉の花色発現に及ぼす環境要因の解析、バイオテクノロジーによる野菜および花卉への環境ストレス耐性因子の導入、並びにそれら優良苗生産における大量増殖法に関する教育と研究を行っています。


色変わりバラ(左上:開花直後の黄色い花、左下:着色後の赤い花)と
セントポーリアの品種改良(右上:親系統、右下:半数体系統)

もう少し専門的に知りたい方へ

1. 新たな施設園芸生産栽培法の開発研究

(1) 葉菜類、果菜類、根菜類および花卉植物の施設生産における低コスト、省エネ、環境配慮型の養液栽培法の開発と応用

(2) 夏季酷暑期生産における施設暑熱対策として、遮光、換気、細霧冷房を効率的に組み合わせた昇温抑制施設栽培法の開発と応用

2. 野菜および花卉の育種および優良苗生産における組織培養並びに遺伝子組換えの利用

(1) 環境ストレス耐性を有するレタスの育成

(2) イチゴのアレルギー誘発性評価システムの開発

(3) セントポーリアの品種改良

(4) 色変わりバラを用いた花色発現の環境生理生化学的および分子生物学的機構の解明

3. 野菜および花卉の植物工場生産における栽培環境最適化

(1) 生育、形態形成、開花に及ぼす光強度、波長、照射間隔の影響解析と生産性向上のための最適化

(2) 光合成における光利用効率の解明

(3) 生産効率向上のための屋内型養液栽培法および人工光有効照射法の開発と応用

TOP